政策内容について

子育て・出産の支援の徹底
~多子社会を目指して~

人口減少対策を岡山県北から広げていきます。
その意思表明の為に、
子育て・出産に関する施策の
県予算を現在から着実な増額を目指します。
各自治体の施策を尊重しつつ、
県の取り組みとして
高校卒業までの医療費無料化と
不妊治療への助成、
子供が多い多子世帯により多くの手当を支給、
出産費用の完全無料化を目指します。
次世代が希望を持てるふるさとを、
皆様を形作っていきたいと想っています。

「安心・安全のまちづくり」の
志をつなぐ

7月豪雨災害により県内では多くの死傷者、
家や道路などが破壊されました。
「災害が少なかった県」として
移住者が増えていた本県ですが、
これからは「災害が少なくて災害に強い県」を
目指します。
治山治水は政治の大きな役割であり、
山と化しつつある河川を災害に備えて
伐採・整備を促進します。
経済・医療・そして広域の災害対応の観点から、
津山―岡山空港道路・高野山西線の
早期実現を目指します。
事件、事故を減らしていくために
警察力の強化を行います。
亡くならずに済むにはどうしたらよかったのか、
そのために政治には何が出来るのかを
ずっと自問自答していきたいと想っています。

学都津山の再興

津山は10万人都市でありながら、
県北はもとより県外からも多くの学生が来ています。
学力低下が深刻化する今、江戸時代から
教育の拠点であった「学都津山の再興」を
目指します。
津山圏域を支える
工業・商業・林業・農業・畜産業など
と教育現場を結びつけ、産学官連携に
とどまらない広域の
協働と共創の取り組みをもって、
持続可能な新しい地方の形を目指します。
あらためてふるさとのことを知り、
誇りと当事者意識をもって
みんなでふるさとを盛り上げられる県で
ありたいと想っています。

Back to top
Copyright (C) 森岡ひろと All Rights Reserved.